製品情報 > PowerSketch/Viewer

PowerSketch/Viewer

PowerSketch/Viewerは、PowerSketchやPowerSletch/Worksで作成したリアルな3次元CGデータをWeb上やMicrosoft Officeシリーズ(*)でも3次元表示できる3次元ビューワーです。
マウスでの直感的な視点操作により、インターネット上で仮想空間を自由に動き回ることができます。

PowerSketch/Viewerは当サイト・ダウンロードコーナーより無償でダウンロードしていただけます。

 ラジオシティ結果のクオリティをそのまま表示
PowerSketchで照明計算されたデータの画質をWeb上でもそのまま再現できます。


 データの軽量化

当社独自のデータ圧縮技術により、PowerSketchやPowerSketch/Works、PowerSketch/Realで作成されたデータを最大100倍に圧縮し、ネット上でも快適に操作していただけます。



 高速表示
視点から見えるポリゴンを高速に判定することができ、ウォークスルー中は形状を変えずにポリゴン数を減らし表示速度を速くしています。


 アンチエイリアス機能
表示画質向上のため、ジャギーを取って滑らかに表示するアンチエイリアス機能を備え、クオリティの高いレンダリング画像で表示しています。


 リフレクション表示
金属やガラスなどの光沢がある形状をリアルに表現することができます。


 直感的な視点操作

画面上にマウスを乗せると移動の種類を表すナビゲーションが表示され、初めての方でも直感的に空間を移動していただけます。詳しい操作方法は、操作ガイド をご覧ください。

 

 
操作方法は

 ワイド画面に対応
プラズマディスプレイ等の16:9のワイド画面での表示に対応したスクイーズ機能を搭載しています。この機能により、横に引き伸ばされることなく画像が表示されます。


 JavaScriptによる制御
視点の切り替えや、ページ上の任意の画像にウォークスルーに追従するカーソル 表示をJavaScriptにより制御することができます。

 HTMLによる制御
ビューワーのウィンドウサイズや複数のウィンドウ表示は、HTMLファイルにより 自由に制御することができます。

 Officeでの制御方法

Microsoft Officeシリーズでの表示はVisualBasicにより 自由に制御することができます。


 
JavaScript、HTML、Office(VisualBasic)による制御方法は
 
PowerPoint 2000にビューワーデータを使用した、モデルルーム紹介のサンプルをご用意しました。
ファイルをダウンロードしてご覧ください。
PowerPointでの使用例 サンプルデータ ダウンロード (約1MB)

    *ビューワーデータ表示の際は、スライドショーを実行してください。
    *ファイルを開く際に、「マクロを有効にする」を選択してください。
    *2ページ、3ページにビューワーデータが挿入されています。
    *終了の際は、Escキーを押してください。
 

 

PowerSketch、PowerSketch/Worksで作成したビューワーデータは、Web上での公開以外にCD-ROMでの配布やショールーム端末等でもご利用いただくことができます。その際、PowerSketch/Viewerを同時に配布される場合は事前に申請が必要です。
申請後に、最新プログラムファイルを送付いたします。使用条件をご確認後プリントアウトの上、FAXにてお申し込みください。

PowerSketch/Viewer再配布申請書(FAX用)

 

日本語Windowsが正常に稼動するパソコン(Celeron400MHz以上を推奨)
解像度800×600以上で同時に3万色以上表示できるグラフィック装置
Windows版 Internet Explorer(日本語版5.0以上を推奨)
Microsoft OfficeはWord2000、Excel2000、PowerPoint2000で動作確認済み

 

PowerSketch/Viewerの
無償ダウンロードはこちら